不動庵 碧眼録

日々想うままに徒然と綴っております。

あるロシア人からの書簡への反論 第1章

*原文は相手からのも私が書いたものも英語です。

*和訳に使用したWEB翻訳はDeepL翻訳です。なので私の日本語も若干変かも知れません。あまりに変なところのみ修正しました。

*個人が特定されないように不都合なところは○にしました。

********************************************************************

(ロシア人からの書簡第1章から第3章までの反論)

 

2010年から2019年まで、毎年ロシアを訪れています。したがって、合計10回ロシアを訪れていることになります。ロシア人のことはよく理解しているつもりです。

現在のロシア全土の状況を本当に残念に思っています。私はロシアに多くの友人を持っています。
しかし、あなたのメッセージは長すぎるし、私はそれを読むことに興味がない。

Семь вёрст до небес и всё лесом.

(天まで7露里のところに行っているがまだ森の中)

*ロシアの諺で「話が長すぎて意味不明」の意味。

あなたは自分の信念を私に押し付けただけです。そして私はあなたの信念に興味はありません。
あなたは事実と真実を変えたいがために、長すぎるメッセージを書いたのだと思います。

どんな理由であれ、主権を持つ独立国家を侵略することは絶対に許されないことです。
これは普通の国の小学生でも知っていることです。

真実は常にシンプルさと美しさの中にあることを忘れないでください。

********************************************************************

令和四年弥生七日

不動庵 碧洲齋

f:id:fudoan_hekiganroku:20220307061555j:plain

ウクライナ国境から100キロほど北のロシア某所