不動庵 碧眼録

日々想うままに徒然と綴っております。

誰が為に

私はこのところ年に2回ぐらいは海外に行ってましたので、去年と今年は楽しみを奪われて普通に意気消沈してます。

ここ最近は感染者数や重症患者数、入院療養者数が毎日減ってきています。死亡者数は相変わらず60人前後なのですが、これもまた減ってくると思います。

 

皆さんはワクチン接種を受けましたか?NHKのデータによると1回目の接種を受けた人は全人口の65.3%で既にアメリカを抜いており、2回目に至っても全人口の53.1%でこれも間もなくアメリカを超えます。一時は政府の遅さについてぼろくそ言いましたが、私はその点では管総理を評価したいと思います。

幸い私は会社がある川口市の商工会議所の尽力で、川口市内の多くの企業が集団接種を受けることができ、7月31日までに2回目の接種を終えることができました。川口市工業都市なので昔から企業が多くあり、従って商工会議所もなかなか優秀です。ありがたいことです。

 

ワクチン接種の話です。受ける派、受けない派、それぞれ意見があります。本来なら(少し前までは)どちらもあってもいいと思っていたのですが、今世界では500万人近くがコロナで命を落としていて、日本でも1万7千人以上が亡くなっています。また、死亡は免れてもかなり深刻な後遺症が治癒せず、今でも苦しんでいる人がかなりいるようです。更に変異株では感染力が2,3倍と、恐るべき感染力を持っています。ここに至ってはワクチンを接種しないデメリットは大きく二つあります。
1.自分自身が感染する確率が極めて高い。
2.周囲の人に感染させてしまう確率が極めて高い。
死亡率そのものは以前と変わっていないようです。そしてそこから導き出されることは
「医療従事者に更に負担をかけてしまう」ということ。
私が一番考えてしまうのは、ワクチンを打たずに感染してしまった場合、どのツラ下げて病院に搬送されるのかということ。私だったら羞恥心いっぱいで切腹でもしそうな気がする(笑) そもそも医療従事者たちはワクチン非接種者が感染したらどんな気持ちで治療するのだろうか。胸が痛くなります。なんて恥ずかしい事態に陥らないため、また、今でさえ超過重労働を強いられている医療従事者の皆様の負担を増やさないためにワクチン接種を選んだというのがあります。実は私自身、インフルワクチンなどは打った記憶がありません。ワクチンで打たれたのは小学校で強制のワクチンだけだったと思います。

 

現在、WHOのサイトによると4,666,334人が世界で亡くなっています。実際はもっと多いでしょうね。この数字は大体ですが、第一次世界大戦の連合国や中央同盟国の戦死者と大まかに言って同じです。今回のコロナ禍の被害は普通に戦争と同じ規模だということです。私はこの数字にとても震撼しています。え?世界大戦並みと言って驚愕しない人はいるんですか?コロナがこれほどまでに強力でなかったら、反対派のご意見もたくさんある民意として大らかに受け入れたいところですが、このような世界的な緊急事態においては大局を鑑みて行動する人をより是としたいところですが、このような緊急事態においてワクチン接種を受けないのは先の戦時中で言えば「非国民」(笑)じゃないかとすら思えます。「自分の判断で」受けないと言いますが、あなた一体どれ程の医療知識があるんですか?どれ程の医療経験があるんですか?と言いたいところです。ネットの情報の多さに皆、自分たちがその道のプロだと勘違いしてますが、医療に関して我々の多くはド素人です。ネット上の情報にはかなりいい加減なフェイクニュースもありますが、私の知り合いで元警察捜査官だった人もコロッとフェイクニュースにハマってしまうぐらいです。捜査のプロが軽く騙されてしまうのですから一般人のネット上の情報を精査して判断するなんて事はあまり当てになりません。(昨今、目を疑いたくなるような冤罪事件多発の警察において、実際の捜査もそこまで杜撰でないことを心底願うばかりですが)

 

ワクチンの効果については怪しげなフェイクニュースは無視するとして、効果が割と早く漸減してしまうのは事実ですが、接種者の感染と非接種者の感染ではかなりの差があることも分かっています。接種を受けた人はほぼ重症化しない、それだけで医療を圧迫しないのならそれだけでもワクチン接種は受ける価値があると判断します。副反応は確実にあります、が、接種をしない場合、それを遥かに上回る悪影響があります。もっと単純に言えば、他人にどれ程迷惑をかけない生き方をするか、です。

接種を受けない人の意見を聞いていると結局我が身のかわいさのためなら他人の犠牲なんて構わないという意識が見え隠れします(潜在的かも知れませんが)。「私はワクチン接種をしたくないが、感染したら病院に入院して治療を受けるのは当たり前だ、全く恥ずかしいことではない」と厚顔無恥であってもそうはっきり言える人はまだ気持ちいいのですが(笑)、実際は何かとこじつけてそうは言いません。実はここ最近、国内外で数人にこの問いを投げかけたことがあります。「接種を受けずに感染して、現在でも過重労働気味の医療従事者に、予防できたかも知れない負担を更に掛けることについてどう思うか。」という問いに半分ぐらいは無視、半分ぐらいは失笑するような返事がありました(問いそのものに答えられた人は結局1人もいませんが)。一応人の人たらしめている道徳心、恥の何たるかは心得ているようですが、それが逆に見ていてイタい。

 

武芸を学ぶ知り合いの中にも門下他流合わせて何人か、接種拒否者がいるのですが、フェイクニュースに騙されたり、我が身のかわいさ余って大局的に考えられなかったりしている方がいます。少々残念です。そもそも武芸は生存、サバイバルが原則で、更に他人、まあ、自分の周りの人でもいいですが、守るというのが本分です。そういう筋から言えば接種をしないという選択はあまり考えられないと思ったのですが。医療従事者に余計な労働をさせたり、周囲の人に迷惑を掛けたり、しかもそれらは予め予防できるものであればなおさら恥だと私は思います。恥でなくとも他人にできるだけ迷惑を掛けないというのが日本の伝統的な慣習だと思ってます。武芸者とは言ってもさすがに現代では戦いの本分を忘れてしまうものでしょうか、
あ、突然ですが、「サイボーグ009」の主題歌の歌詞を思い出しました(笑) 個人的には2番が好きです。


弔いの鐘がよく似合う
地獄の使者と 人の言う
だが我々は 愛のため
戦い忘れた 人のため
闇追い払うときの鐘
明日の夜明けを 告げる鐘
サイボーグ戦士 誰がために戦う
サイボーグ戦士 誰がために戦う


早くコロナ禍が明けますように

f:id:fudoan_hekiganroku:20210919101935j:plain

令和参年長月十九日
武神館 不動庵道場
不動庵 碧洲齋