不動庵 碧眼録

日々想うままに徒然と綴っております。

指紋認証錠

我が家では2003年頃から指紋認証錠を使っています。

指紋認証とテンキーとディンプルキーのいずれかで開錠できるタイプです。

当時は定価で18万円ぐらい。色々あってモデルケースとして取り付けてもらう代わりに取扱店から原価で取り付け費用無しで付けてもらいました。当時としては結構高価なものでした。

指紋認証錠のいいところは多くありますが、まず何と言っても便利なのがオートロック。「閉め忘れがない」という安心は絶大です。本当に楽です。普通の鍵の時は閉め忘れが何度もありましたし、その度に不安になったものです。

それと鍵の携帯がないこと。左右の親指、人差し指、中指を登録してあるので鍵を持ちません。非常用のディンプルキーはありますが、ほとんど持ったことがありません。これもかなりアドバンテージが高い。ただし雨などでよほど濡れすぎていたり、庭の手入れで相当指先が汚れていたり、冬場に乾燥しすぎていたりすると認証しにくくなります。ただそれによってストレスはあまりなかったですね。濡れていたり汚れていたりすればちょっと拭き取ればすみますし、乾燥していても息を吹き掛ければ十分です。

私は使いませんが、テンキーで開ける場合も自由に桁数も数字も変えられるので、覚えやすい数字にできます。

 

で、20年近く使っているのですが、最近電子回路が劣化してきたのか、たまに指紋認証しなかったり、変な動作をするようになってきました。そんなこともあって最近は今まで家にあった非常用のディンプルキーも携帯してます。ただオートロックは問題ありません。新しく買い換えようとも思ったのですが、最近売っている製品と違ってこのタイプはドアに大穴を開けているので交換するとしたらドアごとになります(笑)

 

現在販売されているものも少なくありませんが、我が家のと同じ指紋とテンキーと非常キーどれも使えるタイプが売られていて、価格は7万5千円ぐらい。半分以下です。ずいぶん安くなりましたが普通のシリンダー錠よりはずっと高い。これをどう捉えるかは人それぞれですが、私は指紋認証錠はお勧めだと思います。

 

その非常キー、元々3つあったのですがなぜかひとつしかなく、幾つかの鍵専門店でも扱っておらず、ほとほと困っていたら上記の指紋認証錠を扱っているサイトで同じタイプのディンプルキーの合鍵作成を受けていたので助かりました。ただ小さい鍵なのに1個5000円と、普通のシリンダー錠の鍵と違って結構高価です。家に指紋認証錠を取り付けた当時はディンプルキーの複製は不可能だと言われましたが、現在では大きな規模の鍵専門店だと可能なようです。オートロックが働いている内は取り敢えずディンプルキーを使って、いよいよダメになったらドアを交換してまた指紋認証錠を使いたいと思っています。

 

令和参年文月四日

f:id:fudoan_hekiganroku:20210704113823j:plain

我が家の指紋認証



武神館 不動庵道場
不動庵 碧洲齋