不動庵 碧眼録

日々想うままに徒然と綴っております。

国際交流について

去年は結局、予定していた海外渡航3ヶ国が全部キャンセルになりました。
恐らく今年も同じだと思います。運が良ければ年末年始が解禁という感じでしょうか。
毎年1.2ヶ国に渡航して、現地の友人たちと交流をしてきただけに、海外に行けないということはそれなりにストレスになります。その分SNSで色々と発信したり、日本について質問があったら答えたりしてますが。
これ、来年ぐらいには行けるようになりますかね。一応順調にいけば今年中には概ねワクチン接種が完了しそうですが、何せ相手は自然です。人間の猿知恵がどこまで通用するのやら。
今回のコロナウイルス用ワクチンの開発がかなり短期間でできたことは、人類の底力を発現させたと思います。人類が本気になれば割と結構なことができるという証左でもあります。だから国家同士でいがみ合って、無駄な軍事予算などをもっと他に振り分けたら、人類はもっとよくなるのではないかといつも歯がゆい気持ちです。
そんなこともあって私は海外に行き、友人らには日本人が持つ「和の思想」をよく話します。「敵味方」という二元的なものの見方から離れて、調和を保つ事が「善」で調和を損ねるものが「悪」だとよく言います。と言うよりも調和を維持することに較べたら善悪をハッキリさせることはほとんど意味が無いと言います。
これが正しい考え方なのかどうか分かりませんが、神話に基づくなら日本は今年で建国2681年になります。今上天皇陛下は初代から数えて126代です。歴史は必要そうなものですら時には消し去ってしまいますが、無意味なものを残してくれるほど甘くはありません。日本が国家としては世界で最も古いというこの事実が、日本人のものの考え方は割と大宇宙の真理に近いのではないかと勝手に思っています。故に和を貴ぶ、大和を重んじることは決して世界平和にとって無意味ではなく、多少なりとも世界を平和にするに当っては悪くないヒントを与えると思うのです。
個人的にはそんな難しい事ではなくて、世界の軍事予算の半分でも宇宙開発につぎ込んだら、大変素晴らしい宇宙開拓時代を迎えられるのになぁ、と思っているだけです。死ぬまでには一度でいいから宇宙に行ってみたい。宇宙から地球を見たい、死ぬまでにどうしても果たしたい目標です。

令和参年皐月六日
武神館 不動庵道場
不動庵 碧洲齋

f:id:fudoan_hekiganroku:20210506162614j:plain

冬にロシアに行ったときの写真 多分-20度以下(笑)