不動庵 碧眼録

武芸と禅を中心に日々想うままに徒然と綴っております。

望みを抱いて

私が卒業した高校は入学時はまだ創立されてから7年ぐらいでまだ新しかったのですが、校舎にこのような言葉が掲げられていました。

「望みを抱いて喜び艱難に耐える」

出典について一度だけ校長が言及しただけでしたが、とても印象深かったので良く覚えていました。出典は新約聖書、 ローマ人への手紙 12:12からでした。

聖書自体はかなり読んだ方だと思います。洋画や海外の小説、ドラマでよく引用される言葉として一番多いのが聖書の言葉です。16歳から入門した武芸でも外国人の方が圧倒的に多かったのでやはり彼らの精神世界を知るためには聖書を理解する必要がありました。英語版も一度読んだことがあります。これは結構大変でしたね。実際読んでみるとさすが多くの人に読まれているだけあって金言が盛りだくさんあります。信者になったわけではありませんが、今なお読み返したり引用することがあるほどです。

さて、「望みを抱いて喜び艱難に耐える」この言葉について高校時代はもちろんのこと、20代になってもあまり共感した記憶はありませんでした。ただずっと心の中では引っかかってはいました。

人生においてこの言葉に重みを感じたのはいつだったか、多分40代になったことではないかと思います。きっかけのようなものはありますが、色々あって伏せておきます。昨今下らないことで詮索する蒙昧な向きも少なからず(笑)

「望みを抱いて喜び艱難に耐える」
私はこのように理解します。この世に生を受けてきた自分が世のため人のために何ができるのか、何をすべきなのか理解して志とする、これが『望み』の言わんとするところではないかと思った次第。世の多くの人は志を持って生きているわけではないと思います。もしかすると半世紀前、1世紀前よりもずっと少ないかも知れません。あまり豊かになりすぎると志を持つのが難しいというのは本当でしょうね。社会が貧しかったり、国が困難に有る時にこそ、各々自分の使命に目覚める、そんな気がします。
そしてその悟った志を遂げるためであれば人はいかなる艱難にも耐えうる、そう言うことではないかと思います。

できたら世のため人のための方がいいのですが、他人に危害を加えない、社会の調和をかき乱さない限りは野心や大志は大いに持つべきだと思います、特に若者。そして一旦、我が成すべき事を悟ると自分の想像を超えていかなる困難にも耐えうることが多い。人はこのようにできているものだと最近は感じます。

私も今、自らの使命に気付き志を持ち、それに向っている状態です。
人には必ず何らかの使命が課せられていると思います。そしてその多くはそれを知らないまま生涯を終えてしまいます。なのでこれを読んでいるあなたにも素晴らしい使命が託され、それに早く気付けるよう祈っています。

令和六年卯月三日
不動庵 碧洲齋

卒業校のサイトから借用

 

小幡さくら祭り

昨日は群馬県甘楽町の小幡さくら祭りに同門と参加して参りました。
あいにく桜の開花が間に合わず、桜なしの祭りでした。残念。去年やコロナ禍前のここ最近の祭りでは大抵咲いていたのですが、久々の空振り。
しかしながら気温は高めで甲冑装備を終えたあとはもうすでに暑く、先が思いやられました。
同門の甲冑は今回、兜を着けずに烏帽子にして、陣羽織を羽織らせたところまずまずの衣装と相成った次第。

特筆すべきは今年の織田信雄公役。織田信雄公は織田信長の息子で晩年は徳川家康に組みしてこの小藩である小幡藩に腰を落ち着けました。ここには現在でも大変素晴らしい日本庭園がありますが、これはこの頃既に出家していた織田信雄公がデザインしたものだとされています。

今回盛り上がったのは去年「どうする家康」で織田信雄公を演じた浜野謙太さん。戦の才能はないものの上手く世を渡りきり、ドラマでは「わ・ぼ・く」を連発していました(笑) 条件にもよりますが私もガチバトルよりもできたら和睦の方がいいと思います。

パレードのルートは去年と同じで、まず北上して小幡八幡宮まで1キロ、そこで一般は休憩をして主要メンバーは御祈祷を行います。この時丁度乗馬するハマケンさんを至近で拝見しましたが、親しみやすそうな方でした。

神社から今度は南下して織田氏7代の墓所がある崇福寺まで行軍、2キロ近いのでこれが結構疲れます。この織田氏7代の墓所はコロナ渦中に整備され、それ以前はこのコースはありませんでした。墓所はきれいに整備されていて、今のところお堂に入った墓所が7基と広い広場があるだけで何もありませんが、今後は何か作るのでしょうね。ここでも休憩が入り、お茶とかりんとうまんじゅうを頂きました。このかりんとうまんじゅうはこの辺りの名産で、まんじゅう自体は見た目温泉まんじゅうですが、底の部分がカリッとしていて食感がくせになります。また疲れているので甘いものはありがたい。

そして底から会場まで、距離にすると800mぐらい。しかも墓所が少し小高い丘の上だったので底から下り、さらに道の下を流れる川沿いのため更に下り道なので楽。
今回さらに変わったのがイベント。いったん集合して自前甲冑武者はその後は自由参加で三献の儀とか寸劇とか砲術演武とかを見ることができるのだが、私は疲れていたので早々に退散。会場から車があるところまでやはり800m以上を歩きました。その途中、有名な日本庭園楽山園を通るので中で数枚撮影、しかし桜がないのでいささか興に欠けます。

時代祭り最大の快感は「甲冑を脱ぐとき」(笑)
今回初めてこのようなイベントに参加した同門曰く「甲冑を着終わるまでに戦のバカバカしさが理解できる」(笑) いや、全くです。甲冑を着込んで1日行軍したら本当に戦争なんてやりたくなくなります。戦国時代の人たちは本当に狂気の中にあったのか、狂気の中にあった領主に泣く泣く強制されていたのか・・・。

着替え場所の体育館で恒例の鶏飯弁当を受け取りました。いつもながら大変おいしく頂きました。ここ最近の時代祭りの弁当ってホントに安くなってしまいましたね。ここだけはなかなかのクオリティーです。

着替え終えて弁当を食べて帰路に就きました。

令和六年卯月朔日
不動庵 碧洲齋

昨年の大河ドラマ「どうする家康」で小幡藩の藩祖で織田信長の次男、織田信雄を好演した浜野謙太殿

楽山園に張られた陣幕前にて

 

歩く

昨日、いつも座禅会で通っている禅寺に徒歩でチャレンジしてみました。
やはり日頃から足腰を鍛える機会が少なく、たまには長距離を歩いてみようという考えでした。
家から寺までは約12キロあります。いつも使っている原付ですと30分足らずです。
行程の7割近くを川沿いになるようにしました。

出立は6時、快晴でしたが若干寒い気温でした。
バックパックには最低限の荷物だけを入れて、服装はジョギングウェア。靴もジョギング用です。
最初は若干寒かったものの、歩き始めると大変気持ちの良い気温でした。
また、川沿いという事もあり普通のルートよりも信号なども少なく、快適に歩けました。
少々困るのは川沿いなので風があることと、川沿いにはトイレ休憩ができる場所が1箇所しかなかったこと。
あと夏場は日陰がなく、日射しが直接かかってくるのでこれも大変かもしれません。

私は日頃からなんば歩きなので普通の歩き方とは違う部位の筋肉を使います。
個人的になんば歩きは長距離にこそ真価を発揮すると思いますが実際、今日は体の殆どに筋肉痛がありません。
若干腰に筋肉痛がある程度です(笑)
因みに昨日の歩数は22500歩でした。

基本的に歩くのは好きです。以前は徒歩通勤をしてました。会社まで30分程度です。
毎日歩いていると、道端の僅かな季節の変化が分かります。変化は視覚だけではなく触角、嗅覚、聴覚などでも感じられます。乗りものに乗っていると(自転車は別として)、その変化に気付きません。昔の人は現代人と較べて情報量が圧倒的に少ないと言われますが、歩いていたために自分の周辺に於ける自然の変化には敏感だったと想像します。そういう意味では現代人よりも圧倒的に五感から入ってくる情報量は多かったように思います。

少々思うところがあり今年は可能な限り長く歩こうと考えています。

令和六年弥生二十一日
不動庵 碧洲齋

川口市新芝川

 

久々のスマホ代替わり

最近、スマホの充電があまり安定せず、しかも電力消費が早く1日ちょっとしか持たなくなってきたので久し振りにスマホを変更しようと思い立ちました。

ガラケーからスマホに替えたのは2016年3月、最初の機種は富士通アローズでした。
しかしながら2年経つか立たないかで故障が増えて使えなくなり、2018年3月から現在のシャープAQUOSにしました。計算すると6年も使っていた計算になり我ながら驚きます。ガラケー時代も含めて一番長く使った通信機器だと思います。バッテリー劣化以外ではやはり動作が遅くなり、時折フリーズもするようになりました。カメラの起動も遅いですかね。私は通勤時間がバイクで10分程度のため、家と会社でパソコンを使うことが多く、スマホに関してはライトユーザーです。なので長持ちしたのでしょう。もちろんそれでも古くなってきますから、そろそろ寿命なのでしょう。

代替機種はもちろん同じシャープAQUOS。個人的にとても気に入っています。
次からは5Gも使えるようですが、基本スマホで動画とかは見ないのであまり関係ありません(笑)
カメラの画質なども現在の性能でも十分間に合っていますが、次の機種はもっと画質がいいんでしょうね。

先日ネットでスマホの保護について、昨今のスマホ画面は以前に比べてかなり強固になってきているので保護フィルムなどを貼る必要はない、と言っていましたが実際どうなんでしょう。私はそれでも今回も値段高めの保護ガラス(フィルムではない)と手帳型スマホケースを注文しました。現在のスマホは数回落としたことがありますが、落ちた後でも本体にはなんの問題はありません。頑丈になってきたというのは本当だと思います。因みにその前のアローズは最後の方でうっすらひびが入ってしまっていました。

私は基本、ガラケー時代から壊れない限りは使い続けるというポリシーでしたが、壊れなくてもバッテリーの劣化というのは悩ましい問題です。昨今、何かにつけて色々なものにバッテリーが搭載されているのでいちいち気を付けねばなりません。私の場合だとキーホルダーやバッグにセットしてある小型LEDライトやモバイルバッテリー、時折モバイルルーター、タブレット、そしてこのスマホと、昔と違って電池の入替ではないことはかなり経済的ではありますが、バッテリー搭載アイテムに気を配らねばならないのは本当に面倒です。

スマホ機種の変更は今回で2回目ですが、同じ機種ということもあって簡単なんでしょうか?こういう作業も憂鬱になることしばしばです。(パソコンはクラウドのお陰でかなり楽になりました)

新しいスマホは数日後に来るそうです。

令和六年弥生十二日
不動庵 碧洲齋

購入予定のシャープAQUOS sense8

 

断じて行えば

「断じて行えば鬼神もこれを避く」
これは中国春秋戦国時代でよく使われた諺です。
諸子百家の書物や史書によく出てきます。
一大憤志を以て決死の覚悟で行えば、鬼神すらそれを恐れて妨害しようとは思わなくなるという意味のようです。
当時流行した諺だったようです。

私はあまり「断じて行う」タイプではありません、正直に言うと(笑)
意志が強くないのです、いえ、本当です。
ただここ一番という状況に追い込まれると粘るように思います。
あまりカッコよくないですね。
なので一大決心をして事を成したいと思うときは、あまり「一大決心」をしないように心掛けます。
例えばさりげなく習慣化して、あるいは常態化していつのまにか行えるようにするとか。
さらにそれをする必要性や合理性などがあると更に良し。
そんな風にしてきたことが多いように思います。

なので昔から「一大決心」をして「実行に移し」て「それが継続」する人は羨ましかった。
私は鉄のような意志がなかなか持てません。
ただ興味があることや関心があることは細々と粘り強く続ける傾向があります。
この自分の性格を上手く利用して、密かに決断したことをそれに任せます。

私はあまり精神論や根性論を信じないたちです。
自分が決意したことはなるべく合理的に解釈して、効率的に実行し継続するよう心掛けています。
今更ながら若い頃なら根性を見せられたのかも知れませんが、さすがに今はなるべく無理せずを求めてしまいます。
少しは無理をしないとならない場合にだけ胆力を見せる、そのようなスタンスでいます。

自分の人生ではありますが、強い意志がある人はもっと自由闊達に生きられるのだろうと羨ましく思います(笑)

令和六年弥生十一日
不動庵 碧洲齋

 

コロナに罹った

先週の水曜日3月6日、帰宅前後に熱があるのを感じて帰宅後に薬を飲んですぐに寝たところ、翌朝には平常だったのでそのまま出社。ところが夕刻からまた熱が出てきた感じがしたので退社後にクリニックに直行しました。
で、検査をしたところコロナ陽性、コロナ禍が始まって4年、とうとう感染してしまいました。
とはいえ医者は普通の風邪薬を処方しただけで、5日経って熱がなければ仕事に戻ってよいとのこと。
帰宅後家族にその旨を告げてその日から昨日まで食事は別、接触も避けてきた次第です。
実際のところ日頃からそれ程会話があるわけではないんですが(笑)

木曜日を0日目として5日間は自宅待機、で昨日再検査したところ陰性だったので本日から出社した次第。社畜行に邁進しております(笑)

体感的には本当に普通の風邪です。1月に続き2月も風邪を引いたのかと驚きましたが風邪ではありませんでしたね。
肉体的に辛かったのは水曜日夜と木曜日帰宅後、金曜日いっぱいぐらい。土曜日の昼頃にはもう普通に戻っていました。
ただ私の場合は一度風邪を引くとなかなか咳が止まらないのです。幸いこれもそんなに発現しませんでした。

感染の診断が告げられた1.2日前は家と会社の往復以外はしてませんが一体どこで感染したのか謎です。
ワクチンの効果は既に消失しているはずですが、正直インフルエンザも記憶がある限り罹ったことがなく。
今まで無難に生きてきましたが、昨今の情勢を鑑みて多少は健康に気を配らねばならないということでしょうか。

家には感染したかどうか分かる検査キットは数個常備しておいた方が良いですね。
それと飲み物なども。感染してもだるくなかったり咳とか出なければ、やむを得ない場合は買い物に行っても良いと思いますが、なるべくそれを避けるためにも外に出ずに済ませるようにしたいものです。

私はマスクは必要最低限で使用してましたが、もう少し使った方がよさそうです。マスク自体は防御にはあまり役立ちませんが。
飛散拡大を防ぐには役立ちます。私は感染したばかりなので飛散することはないと思いますが。

それにしてもこのコロナ、先日第10波というのを見ましたが、もうなくなることはないんでしょうかね。

令和六年弥生六日
不動庵 碧洲齋

宿命と運命

私は割と宿命を信じています。
人には必ず何かしらの宿命があると信じています。
いや、生きとし生けるすべての生き物のみならず、自然、人工を問わず作られたものにすら宿命はあると思っています。
それは決まった何かの姿や形になるべきものなのか、何かに作用すべきものなのかは分かりません。
そしてそれは初めから決まっているものなのか、それが世の中から消滅するまでに方向性が決まるものなのかも、私には分かりません。
例えば宿命は戦略ミサイル潜水艦の秘密金庫内にある命令書のように予め定められていて、開封命令が来たら開いて確認するような、すでに決まっているものなのか、iPS細胞のように最初は何ものでもないがこれから形作っていき重要になる何かであるものなのか、私には分かりません。

ただその前提の問題として、宿命を胎動させるきっかけとしてのキーである運命を活性化できるかどうかが問題ではないかと思います。
その人が生きてきた過程で、その経験や記憶、知識、感性などが働きかけて奥深くにある宿命が動き出し、形作っていく活動が運命だと思っているのですが、そもそもそのように自ら持つ宿命に働きかけることをする人自体、それほど多くないように思います。つまり運命を動かす行動を自覚して行う人は少ないと思います。「運命に出会う人が少ない」というのかも知れませんが。
故に大半の人は宿命に気付かずに一生を終えるような気がします。子供の頃からなるべきものを悟ってそれに向かって努力する幸せな人もいるでしょうし、文字通り天命(50歳)を経て初めて世に在って自ら為すべき事に気付く人もいます。もしかすると人が死ぬ間際にする後悔の大半はやっとそれに気付き、しかし宿命を果たせなかったことの後悔なのかも知れません。
最近はあまり言いませんが「志を遂げる」というのは宿命にリーチして形作り、それを世に活かす方向で運命を動かすという意味ではないかと思った次第。
また、宿命というのはどのようなものであれあなた個人を豊かにさせるよりは何らかの意味で世の役に立つものだと思います。

仏教では因・果・縁という言葉があります。
因果と言えば「因果応報」ですし「因縁」はよく使う言葉です。
よく分かりやすい説明で使われるのは因が種で果は結実した果物、縁は結実させるまでの土の栄養だったり、雨水だったり、太陽光のような育成させる要因とされています。なので因果だけあっても実は結実しません。縁があって初めて結実します。
そこから因はまさに宿命そのもので、それを全うさせるものが縁が運命ではないかと私は思ったりします。
宿命は既定路線なのかそうではないのか分からないにしても、自らどうにかできるものではありませんが、それを発動、胎動、起動、形成させる条件=運命作りというのはある程度自分でも動かせるものではないかと思った次第。
なので宿命は決まっているかも知れませんが運命は決まっていない、そんな言い方ができると私は思っています。

時間がある人、あるいは人生で立ち止まっている人は自分の棚卸しをしてみるといいかもしれません。
今自分にある知識、経験、興味、指向性を俯瞰したとき、それがどこかに続いている道を指し示していまいか、どこかに向かってはいまいか。何かを指し示してはいまいか。
もしかすると自分に宿った宿命を自覚できるかも知れません。

これは誰かに宛てたものではなく、自分自身に言い聞かせるように、ふと思い付いて書いたものです。
丁度天命である50歳の時に悟るものこれあり、書き留めてみたものです。

令和六年弥生四日
不動庵 碧洲齋