不動庵 碧眼録

武芸と禅を中心に日々想うままに徒然と綴っております。

上州を訪れる

昨日は久し振りに車で遠出しました。
目的地は群馬県と栃木県の辺り。1つは私がいつも買い求めている作務衣などの和装専門店、もう一つはちょっと変わった料理を出す和食店、もう一つはお寺。
昨日レンタカーを借りたのですが、先に家族全員で今年最後の墓参りを行い、その後1人で出立。


前回も和装店には行ったことがあるのでカーナビでルートの設定をしなければよかったのですが、何となく設定をして30分後にはうんざり。私的には感傷にでも浸りながら(笑)音楽を聴きたかったのですが、ひっきりなしにガイダンスの音声が流れてくるので気分を害します。後期高齢者のドライバーならいざ知らず、一体全体あそこまで事細かに案内する必要があるのでしょうか?途中でカーナビのガイダンスを止めて、結局再設定したのは高速道路を降りてからでした。自慢ではないですが、私は一度行ったところはほぼ忘れませんし、初めての場所でもよほど込み入ってなければある程度地図を見ればナビがなくても行けます。
ナビに頼りすぎると本当に頭が悪くなりそうで正直言うと少し嫌悪感があります。
とは言え、今時のオーディオはBluetoothでスマホと接続できるのでこれはかなり便利と言えます。もっとも実は私は車内で音楽を聴くことはそれほど多くはありませんが。長距離の時だけです。


最初の目的地は和食の店で、詳細は以下の通り。

新田乃庄寒山亭
https://nittanosho.net/


以前テレビだったかネットだったかでこの店の名物「法燈」に大変関心を持ち、行ってみたくなった次第。この「法燈」は山梨県や埼玉県北部などでよく食べられている、いわゆる「ほうとう」ですが、普通のほうとうよりもずいぶん幅が広く、そして最大の特徴はその幅広の麺になんと「般若心経」が書かれていること(笑) 仏教にあまり関心がない人には大したことないかも知れませんが、私は毎日読経してますのでそれはもう関心はあります(笑) 味は普通のほうとうでしたが、やはりありがたく感じた次第。で、帰路に土産用の法燈を買おうと思いましたが店頭には2箱しかありません、店員に尋ねると逆にこの時間で2個も残っているのは珍しいとか(笑) この法燈は手作りなので1日で作れる量にかなり限りがあり、店で出す分を除くとお土産用にできるのは僅かなのだそうです。ということで2個でもラッキーという事でしょうか。あまり安くはありませんでしたが、迷わず2つとも買い求めました。1つは自宅用、1つは禅の師匠にお歳暮として。あと幾つかあったら仏教関連の友人たちに配ったのですが残念。

ほうとうに般若心経が書かれているのが分かると思います。

その次、和装専門店は・・・私の勘違いで日曜日は閉店でした(笑) 残念。

 

最後は県境を越えて足利市になるのですが、足利市の中でもなかなかの景勝地として知られている、臨済宗妙心寺派行道山浄因寺に足を運びました。景勝地で臨済宗の寺だったらぜひとも行ってみたいと思っていました。大変な田舎道(丁度和装店から行くと細い林道を越えていかねばならなかった)で、結構深山の山中にあります。道路は細いのですが、最後の数百メートルは軽自動車でも冷や汗ものの道路でした。
とはいえ山腹の専用駐車場には10数台の車が止まっていて、人気の程が窺えました。
浄因寺は現在は臨済宗の寺院ですが、創建713年、行基上人によるものとされています。当時は他宗で、幾つか変遷してから臨済宗になりました。

ここで1つ失敗。私はちょっと登っていけると思ったのですが、結果から言えば割とキツイ行程でした。軽登山の装備が望ましいです。しかも岩場とかもあります。子供などもいましたのでまあちょっとしたハイキングという感じです。階段がたくさんありますのでそれが結構キツかった。
本堂に至るまであちこちに石仏があり趣があります。ただ時期が時期なので14時過ぎだと若干日が傾きかけていました。
本堂はそれほど荘厳なものではありませんでした。昔風の大農家の一軒家という感じ。残念ながら無住寺のようです。ちょっとここに住むのは勇気が要りそうです。ただし駐車場には今は動いていなさそうな軽便鉄道のようなものがあったので、恐らく昔はこれを使って駐車場から上まで上がったのでしょう。久々に不動寺よりも山奥の寺を見ました(笑)

境内から見渡すと確かに景勝地に相応しい気がします。一番驚いたのは岩の上に立てられている茶室なのか何なのか、説明文には「清心亭」とある建物です。その岩自体多分平らではなく、実際その清心亭の隅っこが岩からかなりはみ出ていました(笑)更にその清心亭にアクセスするには崖を挟んで反対側にある石の階段を上り、掛けに渡している橋を渡るというもの。葛飾北斎もこの寺を描いたことがあるそうです。残念ながら昨日は清心亭まで行けませんでした。
境内は岩山の山間にある感じです。不動寺もそうですが、私はこういう寺が好きです。

で、境内は中腹ですが、そこから更に上に登れるようになっていたのでせっかくなので登りました。北東側の岩の尾根に登ると多くの石仏が安置されていて、中でも一番有名なのが釈迦涅槃像らしいです。といってもその大きさは40センチ足らずでよく見ないと何だか分からないものでした(笑) しかしそこからの景色は素晴らしかった。
さらにそこから500メートル反対側の登山道を上ると見晴台があるということで頑張って登りました。これまたキツかった(笑) しかし道の半分は尾根沿いなので助かります。あいにくと紅葉も終わりに近かったのですが、ここならどのシーズンでもいいと思います。
見晴台の景色は素晴らしかった。ヒーヒー言いながら来た甲斐ありました。赤城山と榛名山が見えて、更に遠くに富士山が見えました。
しばらくそこで休んでから日が傾いてきたのでやや急いで下山。駐車場の車も4.5台になっていました。帰路は一番遭遇したくなかった対向車と一番幅が狭いところで出遭ってしまいました。退避スペースはあったものの、反対側が沢になっていたのでかなり冷や汗ものでした。

この浄因寺にはまた折を見て行ってみたいと思います。

令和四年霜月二十八日
不動庵 碧洲齋

駐車場から境内まであちこちに石仏があります。

山門、山城の門のようにも思えるほど

境内に向う途中から見えた境内

境内の様子、鐘楼の鐘は小さかったのですがあいにく突くことはできませんでした。

これが清心亭、左半分が浮いてます(笑) 入口は右側の橋を渡るようです(笑)

本堂裏手上の方にお堂がありましたが何のお堂なのかは分かりませんでした。位置的に開山堂でしょうか?

寝釈迦像と多くの石仏がある岩の尾根。寝釈迦は左側の横たわっているように見える像です

見晴台からの展望。赤城山と榛名山が見えました。また左端遠くに富士山も少し見えました

 

唯独り坐る

禅仏教に初めて触れたのは2002年の5月、群馬県の山奥にある黄檗宗のお寺でした。以後父が他界した2007年2月頃までは概ね毎月訪れて指南を受けつつ坐りました。父の他界を機に本格的に師を求め、以後現在の寺でお世話になってからかれこれもう15年になります。(もう1カ所横浜の寺も同じくらい)どちらも老師が住職されています。

座禅会は月2回、第1、2日曜日の朝6時からですが、12.3年ぐらい前から1時間前に来て坐るようになりました。もちろん誰よりも一番早い入堂です。1月2月が一番寒く、マイナス2度ぐらいになったこともありました。(もちろん冷暖房はありません)
坐禅は長く坐ればよいというものではありませんが、せっかちな私はやはり長く坐ります(笑)

最初の1時間は(実際には開始20分ぐらい前から三々五々で参加者がやってきますが)自分との戦いです。誰か見ているわけでもないので居眠りすることも可能ですが(笑)、やはり誰もいないときにこそ真価が発揮されると思い精進しています。
誰もいない堂内で独り坐っていると、はじめは色々な想いが巡ります。昔はそれをどうにかして押さえつけたり消し去ったり、無視したりしていました。しかしそういう雑念は実は私たちが思っているような意味での雑念ではないことが多いものです。
雑念というのは坐っている今現在の自我にとってのみ都合の悪いもの、違う時間や場所、あるいは他の人にとっては雑念でも何でもありません。雑念は「自我」があるから浮かぶもの、厳密には「自我の置き所」が悪いから浮かんできてしまうものです。

初めて禅の指南を受けた群馬県の寺である日、住職が鐘楼で鐘を突いてから「鐘の内側の中心に立ってみなさい」と言われたのでその通りにしてみました。驚きました、そこは完全な静寂が支配していました。音が全く聞こえません。中心から少しずれると頭が割れそうな轟音になります。
住職は言いました。「世の雑音や雑念は自分の置き所が悪いから浮かんできたり聞こえてきたりする。間違ったところであればあるほど音や想いが大きくなる。しかし本来あるべき正しいところにいれば周囲に雑音や雑念はあってもそのまま静寂にいられる。自分にとっての静寂な場所を探す、これが禅の修行の要諦です」
このときの教えは今でも私を支えています。
自分にとって娑婆の喧噪と雑念妄想がありながらそのまま静寂のある場所はどこか、いつも考えます。

令和四年神無月十日
不動庵 碧洲齋

静寂を聴いた鐘楼の鐘

 

念珠

先月豪州に旅行した折、市場で中国人が売っていた黒い石のネックレスが気に入って買いました。50珠でした。15豪ドルでしたから結構安かったと思います。
帰国後、ふとこれを念珠にできないものかと思い立ち、調べてみると108珠の僧侶が使う正式な念珠以外にもその半分の54珠、更に半分の27珠、いわゆる略式数珠などがあるとのことでした。するとあと4珠足せば54珠の念珠ができると思い、浅草で懇意にしている念珠堂さんに訪ねると作り直せるとのことだったので早速本日持参して依頼しました。
私は今まで既製品の念珠以外持ったことがなかったのですが、今度はオンリーワンの念珠になります。数時間でできるとのことだったので数珠を預けて秋葉原などに行って用事を済ませ、戻ってくると出来上がっていました。同じ石の親玉込みで54珠、禅宗式のものに仕上がっていました。ま、予算が少々想定よりも高かったのですが、出来映えを考えると満足です。
今までは柘植の木の珠で造られた略式はお守り代わりにいつも持ち歩いていたのですが、今後、墓参の折にはこの新しいマイ念珠を使いたいと思います。

令和四年長月四日
不動庵 碧洲齋

豪州で買った黒い石のネックレス、石の名前は忘れた

作り直して念珠になった

武神館 不動庵道場
【日時】2022年1月8日土曜日、14:00-16:00
【場所】谷塚上町会館:草加市谷塚上町231-1
【アクセス】東武スカイツリー線 竹ノ塚駅西口
東武バス 竹04/竹05にて約10分、又は竹06にて約15分。
バス停「谷塚上町」降りてすぐ。
駐車場あり。
入門希望者・興味ある方はご連絡ください。

専一ということ

専一:他を顧みず、ある物事だけに力を注ぐこと。

政府は大々的にアナウンスしていないようだが、去る4月6日に入国、帰国対象者への規制を大きく緩和した。私はテレビをほとんど見ないのでニュースになったかどうかは知らないが、ネットで検索しないと出てこないレベルではある、しかも政府当局の書き方は紛らわしい。幾つかのソースでは欧米と同じ基準にしたものの、できればそうしたくなかったのでひっそりと緩和したとのこと。なるほど日本だ(苦笑)

ワクチン接種3回と入国・帰国72時間前に検査を受けて陰性証明書を発行してもらうことが条件で、多くの国から日本に入国・帰国した場合の隔離が免除になるとのこと。完全ではないがこれで海外に行ける条件にほぼばった。

かりに今年の夏に海外に行くとなると、海外に行くのは約3年ぶりだ。こんなに海外に行かなかったのは久しぶりで10数年なかった。たまたま金曜日の会社終業近くにこの発表を知り、一瞬だけ小躍りしたくなった。久し振りに心が晴れ渡った気分というのか。ほんの一瞬である。その後にどっと押し寄せてきたのは「後悔」(笑)

このどうにもならない息苦しい3年間、その場でその時にできる自分の責務を専一に行っていたか、粛々とこなしていたか、いい加減にはしていなかったか、投げやりになっていなかったか、などなど自分の行動を点検してみると悔やむところ多々是あり。

いや、仕事は真面目に手を抜かず、誠実に行ってきたことは間違いない。手を抜いたりはしてない。ただ「専一」だったかどうかとなると怯まざるを得ないことあり。「ああ、コロナでなければ」「コロナがなかったら今頃は・・・」「このコロナ禍はいつまで続くのだろう」そのような雑念妄想が常によぎっていたことを大いに恥じる。禅を修行する者としては恥じねばならない。それはテレビを見ながら食事をするのと同じ、職場で居眠りしているのと同じ、彼女とデート中に他の女のことを考えているのと同じだ。

その行為と自分が一つになる、鏡に映った自分、あるいは鏡そのものになる、そのような境地あるを知りつつ、雑念妄想に身を任すままとは本当に情けなくもある。是は単純に自分の胆力が足りなかったから他ならぬ。正直言うと想像以上に自分の胆力がないことに愕然とした。

今年はコロナによって寸断されていた国際間の往来がかなり緩和されると思うが、私はその前に己の未熟さを痛感させられた。まだまだ修行が足りぬという事実だけがあらわになった今日この頃である。

令和四年卯月九日
不動庵 碧洲齋

f:id:fudoan_hekiganroku:20220409202700j:plain

稽古時の坐禅


武神館 不動庵道場
【日時】2022年1月8日土曜日、14:00-16:00
【場所】谷塚上町会館:草加市谷塚上町231-1
【アクセス】東武スカイツリー線 竹ノ塚駅西口
東武バス 竹04/竹05にて約10分、又は竹06にて約15分。
バス停「谷塚上町」降りてすぐ。
駐車場あり。
入門希望者・興味ある方はご連絡ください。

至道無難ということ

これは三祖大師信心銘という仏教のテキストに出てくる一番最初の言葉です。
至道無難 唯嫌揀擇(しどうぶなん ゆいけんけんじゃく)
但莫憎愛 洞然明白(ただぞうあいなくば、とうねんとしてめいはくなり)

と続きますが、意味は「道に至るに難しいことはなく、ただえり好みを嫌う。憎愛なければこの世は明白この上ない。」ということです。
道というのは仏教の教え、或いは悟りへの道という意味です。それが実は簡単だというのですから恐れ入ります。

道そのものは明白で険しくはないが、それを険しくしたり難しくしたり、あるいは暗くしたり狭くするのは全て自らの心である、というのが本日の老師のお言葉でした。自らの心が相対的視点に囚われているから、本来広く平らな道が険しく、暗く、狭い道に見えてしまうのだという事です。

何か困難に遭ってしまったとき「ああ、他の人じゃなくてなんでオレだけ」というのがいわゆる「相対的視点」、その困難に遭遇していない他の人を羨む声です。あるいは「この困難に遭遇しなかったかも知れない自分」を羨む妄想です。「この困難に遭遇している自分」以外、この世には何ものも存在しません。それをすっと受け入れられるかどうかでしょうか。困難に当たって「今まで楽だったのに」「ああ、これからどれだけ大変になることやら」というのも今現在と過去、或いは将来とを比較した相対的視点です。自分は今、この場にしかいないという現実をどれだけすっと受け入れられるかでしょうか。「自分を鍛える好機」と見做しても「自分が摩耗する悪運」と思ってもその事実は全く変わりません。それはそのままその通り、想いなく受け入れる。それに良し悪し、好嫌の色を付けない、そうすれば大道は明るく平たく真っ直ぐに見えるのだと・・・思います。なかなかに難しいですが。

別の老師は物事が難しく見えるのは何か推し量る際に「自分自身を勘定に入れるから」だと言っていました。損得勘定を考慮しないというのは勇気が要りますが、逆に言えばこれが人を苦しめる根源だとも言えます。基督教にも無償の愛とありますから多分この手の行為は宗教に関係無く至高の行為なのだと想像します。

道の捉え方イコール心の持ち方でしょうか、まだまだ禅の修行が足りません。

令和四年卯月三日
不動庵 碧洲齋

f:id:fudoan_hekiganroku:20220403164542j:plain

武神館 不動庵道場
【日時】2022年1月8日土曜日、14:00-16:00
【場所】谷塚上町会館:草加市谷塚上町231-1
【アクセス】東武スカイツリー線 竹ノ塚駅西口
東武バス 竹04/竹05にて約10分、又は竹06にて約15分。
バス停「谷塚上町」降りてすぐ。
駐車場あり。
入門希望者・興味ある方はご連絡ください。

主人公

土曜日に観賞した映画「エッシャー通りの赤いポスト」についてです。
前のブログに書いたように、この映画は映画の中で映画を作っていくというプロセスを映画化したものです。多くの応募者から最終的には2名の主役が決まりますが、主役になれなかった人もエキストラに参加するという話で、カメラは主人公たち以外にもかなり時間を割いています。そこが園監督の面白いところなのでしょうか。

エキストラは文字通り作中の主役に華を添える名もなき群衆参加者ですが、その1人ひとりにストーリーがあると言うことにスポットライトを当てていて、それが大変面白かった。劇中のセリフに「お前は人生のエキストラのままでいいのか!」というのがありました。一般的にもよく、人生においては自ら観客となるなかれ、主人公となれ、と言われますがまさにそれです。

禅宗で読まれている書籍の中に「無門関」という本があります。公案が記載されています。所謂禅問答です。その中に「巌喚主人」という則があります。本文の和訳はこんな感じです。

***************************************************************
瑞巌師彦和尚は、毎日自ら「主人公」と呼びかけ、また自ら「はい」と答えていた。そして「はっきり覚めているか」と問い、「はい、覚めていますよ」と答えるのであった。「いつ、どんな時でも、他人に瞞されるな」と言い、「はい大丈夫」と答えた。
***************************************************************

一説には現在ドラマや映画で使われている「主人公」という単語はこれが原典と言われてます。この瑞巌師彦和尚は唐時代の僧侶です。
この本文だけ読んでも何のことかサッパリですが、以下ちょっと禅をかじった程度の一在家たる私の理解です。

身長、体重、年収、年齢、学歴、職歴、家族、容姿、人気などなど、どれも他人と全く比較しない、真の自分でいられるかどうか、ということ。日頃私たちは常に何か誰かと比較した、相対的な自分しか認識できません。「誰々よりも優れた自分」「誰々よりもカッコイイ自分」「誰々よりも給料がいい自分」などなど。「誰かと相対的に位置している自分」つまり比較対象なしには存在し得ない自分しか認識できません。客観的な存在です。

この「主人公」の意味は一切の相対的視点、客観的視点を排除した、本来からいる、真の自分を見つめる、と言う意味(だと思います)。比較対象の価値観に左右されない、本来の自分。
相対的な自分、客観的な自分というのは言わば自分がメインだと思っているエキストラのようなもの。あるいは主役あってのエキストラという関係。実際多くの人は無意識にそのように生きて日々を送っているようにも思います。
そういう意味ではこの映画でテーマにしている「人生のエキストラでいいのか?」という問いかけはなかなか意味深のように思います。

隣の芝は青いというのは世の常ですが、一度、他と比較をしない、徹底して自分という「主人公」になり尽してみませんか?

 

令和参年臘月二十八日
武神館 不動庵道場
不動庵 碧洲齋

f:id:fudoan_hekiganroku:20211228114133j:plain

 

臘八坐禅会

伝説によるとネパール南部にあった小国、シャカ国の王子だったゴータマ・シッダールタは人の持つ苦しみを解決しようと29歳の時に王子の座と妻子を棄てて苦行を続け、35歳の時にガヤー地区にあるナイランジャナー川のほとりにあるピッパラ樹の下に7日間坐禅をし、8日目の夜明け、明けの明星を見て偉大なる悟りを開いてブッダとなった、とあります。


現代日本禅宗僧堂ではこの追体験として、禅宗の修行の中では最も苦しいとされる「臘八接心」というものがあります。12月1日から8日朝まで、睡眠時間はせいぜい2時間(しかも「坐ったままで眠る)、それ以外は坐禅と独参が続きます。私の師匠は鎌倉建長寺で10年ほど修行しましたが、臘八接心ではほぼ眠らなかったと言ってました。7日間睡眠しないというのはちょっと想像できません。師匠曰く疲労困憊し尽すと、もはや雑念すら湧いてこないのだとか。その先に悟りがあるのだそうです。とにかくこの臘八大接心を通過して初めて一人前の修行僧として認められるのだそうです。(それ以前は名前すら呼ばれない)


在家の坐禅会でもこの期間、特別な坐禅会をする場合があります。私が通っている寺では臘八座禅会と称し、通常は毎月第1、第2日曜日の早暁の坐禅会が、12月だけは1日から7日まで19時から20時まで行われます。慣れない人が参加すると結構こたえるようです。ちなみに7日目の坐禅会が終わった後はお寺でちょっとした料理が振る舞われますので、まあそれが楽しみでやっているとも言えます(笑)


いつからだったか忘れたのですが、この臘八坐禅会の期間中、時々坐る回数(時間)を決めて挑戦することがあります。それは大体7日間で48炷(1炷は30分)つまり24時間坐るというものです。坐禅会では1時間だけですが、その1時間前から禅堂が開くので私は通常2時間坐ります。その他毎朝通常は1炷坐るところ、この期間は2炷坐るので1時間、更に坐禅会から帰宅後に1炷、それを7日間続けると24時間30分になりますが、最終日は料理が振る舞われるので最終日の帰宅後の坐禅を免除すると丁度24時間坐れます。今年は24時間チャレンジやってみようと思い立ちました。


禅宗の修行僧ではないのでさすがに毎日3時間以上も坐るといい感じで効いてきます(笑) 毎日やったら慣れるものなのかな? 禅友の1人で既に年金生活者ですが、1日特に用事がなければ8炷坐るという強者がいますが、私にはちょっとムリ(笑) いえ、実は禅を始めた頃、1日8炷は何度かやりました。でも今やれと言われたら結構辛いかも。そう考えると修行僧の皆様は本当に凄いですね。


本日は今朝既に1時間坐りました。会社が終わったら寺に直行して2時間、帰宅後に1炷30分の坐禅です。これが1週間続きますが、ある意味これが私にとって自分と向き合い格闘する、一番の山場と言えます。

 

令和参年臘月朔日
武神館 不動庵道場
不動庵 碧洲齋

f:id:fudoan_hekiganroku:20211201162432j:plain

私がいつも坐るのは一番端の単です。