不動庵 碧眼録

日々想うままに徒然と綴っております。

歴史

潜水艦

今、GYAOでアニメ「ジパング」を観ています。かわぐちかいじさんのマンガは政治にしても軍事にしてもかなり細かく、引き込まれます。今回は米海軍航空隊がイージス艦みらいを攻撃する話でしたが、実際伊19号のサボタージュがなかったら苦もなく全機撃墜して…

76年の節目

本日は9月2日、日本では先の大戦が終わった日は昭和天皇の玉音放送が流された8月15日としてますが、連合国のほとんどの国では東京湾にやって来た米戦艦ミズーリ号の艦上にて降伏文書調印に署名された本日9月2日を以て大戦終結としています。海外では戦勝記念…

君が代

この夏はオリンピックやパラリンピックで国歌を聴く機会が多かったと思います。それについてちょっと。 君が代は千代に八千代にさざれ石のいわおとなりてこけのむすまで 法律でこの歌が国歌だと明言してませんが、事実上の国歌です。これは1869年、明治2年に…

私たちの任務

本日は76年目の終戦記念日です。今年は今までにない、夏としては信じがたい寒さの8月15日です。そして世界中が異常事態にあり、いつ終わるとも先が見えぬ状態です。その中で日本人に在っては歴代天皇のお言葉は暗闇に在って国民に灯りを灯すような、そんな気…

大和の民であること

毎年、広島と長崎に原子爆弾が落とされた日や終戦記念日になると、日本社会は少なからずかつての戦争を思い返す人が多くなります。とはいえ、当時将兵だった人の年齢を考慮すると、当時20歳の軍人だったら、現在は96歳、ほとんどの方が亡くなっています。あ…

武道とは

" data-en-clipboard="true">・・・という大上段に構えた問いはあまり好きではありません(笑) 私は武門の末席を少し汚している程度の未熟者なので、難しい事は分かりません。ただ歴史的事実からほんの少しばかり再確認していきたいところです。 " data-en-cl…

諸葛孔明の手紙 その2

私は諸葛孔明は意外に野心家であったと思います。理由はあれだけ才能がありながら、魏国ではなく、どこの馬の骨だか分からない劉備などと言う50に近いあまり有名ではないおじさんに味方したからです。三顧の礼の時、劉備は47歳、孔明は27歳。私も47歳の時に…

諸葛孔明の手紙

私は高校1年生ぐらいの時からずっと諸葛亮を尊敬して止まないのですが、諸葛亮には妹がいて、孔明が三顧の礼を受け家を立つ前に人物鑑定の大家で地元の名士でもあった龐徳公に嫁いでいました。そしてその妹が産んだ子は龐渙といい、晋王朝では牂柯太守にまで…

楊震四知

昨今、中国共産党政府の力はますます増大して、周辺諸国に軍事的圧力をかけまくり、ほとんどの国から煙たがられ、恐れられています。何とも困った国です。現実には貿易を止められたら速攻干上がってしまう国ですが、面子を重んじる国ですからその辺り我が物…

庚申信仰

今日は稽古の帰路に稽古場のある柏公園入り口近くの神社に行ってきました。今まで神社があったのは知っていましたが、行ったのは初めてです。神社の名前は「諏訪神社」流山にある大きい方の末社ですかね。神主はいましたが、有人の神社としては小さい方だと…

憲法記念日に寄せて

毎日新聞の記事から*****************************************************************日本国憲法は3日、1947年の施行から74年を迎えた。毎日新聞と社会調査研究センターが4月18日に実施した全国世論調査で、憲法改正について「賛成」が48%と「反対」の31…